好きなものを気ままに書くブログ

嵐や櫻井翔を中心にジャニーズを気ままに応援するブログ

嵐の歌唱力が上がりすぎてビビってる。

 はい、タイトルの通りです。ついこの間アルバムが出たと思ったらあっという間にシングルが出ましたね。アルバム聴いて、シングル聴いて、思ったこと

 嵐、歌上手くなってる、、、、!!! 

 今回のシングル「Doors~勇気の軌跡~」では、せつなく、でも優しくてあたたかい嵐の歌声が聴けます。

 

 まず冒頭のにのソロパート、なんともせつない歌声。翔くん主演ドラマ主題歌だとこのパート普通だったら主演の翔くんか、もしくは大野さんがやりそうですけど、ここでにのを使ってくる。でもこのにのの歌声がすごくいいですね。この曲の世界観をよく表しているといいますか。

 それとサビ。5人の声の重なりが本当にきれいです。やわらかくて、あたたかい歌声です。もともと5人の声の重なりがすごく好きなんですけど、近年さらにイイ。ハモリもするようになって、深みが出たというか。。。

 あと

深く閉ざした あの暗雲(くも) やがて 光の意思に霞んで

一筋の奇蹟を示すから 自分信じて この運命(さだめ)を輝かせよう

この最後の大野相葉のファルセットも素晴らしい!きれいです。

 そして翔くんのソロパートなんですが、これを始めて聴いた時の私の反応

 「翔くんの声が、、、やさしい、、、(涙)」

いやめっちゃやさしい!!!もっと前の翔くんのソロパートってちょっと力んでいるというか、力が入りすぎていた印象があるんですよね。(例:「アオゾラペダル」の大サビソロ)10周年前後くらいからわりと甘い歌い方をするようにもなったと思うのですが、今回はなんかもう、「や、やさしい、、、やわらかい、、、(涙)」て感じなんですよ。いつの間にそんな歌い方するようになったんですか!!!しかものびやかです。さらにMVでの表情がやさしくて穏やかで。。。1番のサビソロパート時の表情が好きすぎてですねえ。。。なんだよあの表情。。。

 

 カップリングなんですが、どれもいい曲で大好きなんですが、ここでは特に「BORDER」について少し。

 大野さんのソロパートは毎回見事です。音程のアップダウンのあるパートでも無理がありませんし、ビブラートも本当にきれいにかかっています。

 それと驚いたのがにの。「Doors~」の時にはあんなにせつない歌い方をしていたのにこの曲では攻撃的な、情熱的な歌い方になっていて。もともとにのは曲によって歌い方を変えることも多かったですけど、今回改めて痛感しましたね。この人は楽曲に表情を付けられる人だなって。

 そしてなんといっても大サビ前、

夜空見上げれば 数千億の嘆き溢れて

でも僕らは変えられる 今すぐ伝えたい

ここのにのあいパート!にののパートもかなり高い音なんですけど、さらにその上でハモる相葉ファルセット!!!えっ、高い!えっ、めっちゃ高い!ちょっとまってあなたこんな高い音出せたの!?!?いやまじか。ここ数年相葉ちゃんのファルセットがきれいだといわれることも増えましたけど、いや、ここまで行くのかよ、、、まじかすげえなおい。ここまで可能性を秘めていたなんて。。。ここはほんとにすごい。。。

 

 大野さんはもともと上手い印象がありましたが、アルバムなどでまた新たな面を見せてくれます。翔くんも歌声がやわらかくなったし相変わらず低音もイイ。相葉ちゃんはその声質からあまり上手いと思われないことも多いですが、大野さんに負けないくらいの安定感、そしてきれいなファルセット。にのは高い音が出せたり表現力がありますが以前は少し安定感に欠ける印象がありました。しかし最近癖を少なくして来たり安定感もすごくUPしたように思います。潤くんは以前は本人も歌唱力において不安があったように思いますが、最近は音を大きく外すことも少なくなりましたし、下ハモで支えてくれことも増え、嵐の歌声の幅が広がりました。

 みんなそれぞれ進化していて、うれしい限りです。

 

 Mステもよかったですねぇ。。。いや、ホントみんな上手くなった。。。(誰)

 ここに来てますます歌唱力を上げた嵐に感動するばかりです。。。

 

 

 

 

 

「Song for you」は何を伝えたのか。

 さあ!今週はついに嵐のツアーが幕を開けますね!ツアー前にどうしても書きたいことがあったので、今更感もありますがあげちゃいます!

 今回の話題はそう、タイトルの通り最新アルバム“「untitled」”に収録されている11分に及ぶ組曲「Song for you」について。前に書いたアルバムレビューに書ききれなかったこと、かつ私が最も書きたかったことです。

 曲の概要については以前書いた記事にあります。

 

tansansoda.hatenablog.com

  今回は曲の後半、嵐の未来を描いた部分をメインに語ります。なお、ほぼほぼ主観なのであしからず。

 

君と放つMelody

響きわたれ高く 遥か高く

加速する未来へ

繋いでゆこうよ 最高のFinale

 個人的に気になったのがこの"最高のFinale"という言葉。この"Finale"とは、曲におけるFinaleなのか、もしくは"嵐としてのFinale"なのか。真意はわからないですけど、"嵐としてのFinale"という意味が少なからず含まれているのではないかと、私は考えています。この曲は嵐自身が作詞したわけではありませんが、嵐のことを描いている曲であり、5人の意思というか、思いみたいなものを代弁している曲に感じます。その中でのFinale=最後。嵐の最後。嵐を終わらせる覚悟、と言ったら大げさですが、それがいつなのかはわからないけど、いつか必ず終わりを迎える覚悟が、嵐にはあるのかなあと。始まりがあるものは必ず終わりがある。2014年のデジコンのツアーパンフで、相葉ちゃんは「降りていく景色も5人で見ていたい(意訳)」と言ってるんですよね。いつか降りていく時が来ることをわかっている、そしてちゃんと降りていく覚悟があるんです。これを聴くとそんな降りていく景色を、私も一緒に見ていきたい、見届けたいと思ってしまいます。ファンとしては、最後が来るのはもっとずっとできるだけ先のことであってほしいですけど、いつかその最後を迎える時が来たら、その時には"最高のFinale"したい。そう思います。

 

振り返れば くねりながら 遠く続く足跡

途切れずに 誰も離れずに

今日まで僕らが辿った季節

 はたから見たら、もしかしたら、嵐って順風満帆、苦労をしなかったエリート集団、みたいにみられることもあるかもしれません、でも、全然そんなことなかったんですよね。ここまで来るためにいろんなことがあって、決して楽な道ではなかった(私は当時をリアルタイムで見ていないですけど)。でも、そんな決して売れているとは言えない当時「アイドルって楽しい?」て聞かれた翔くんは、「楽しいっす!」て答えたんです。売れてから当時を振り返るときも、5人は「当時は当時で楽しかった」、みんなそう答えるんです。そういうところがまた好きなところです。そして、デビュー当時5人中3人がジャニーズを辞めようと思ていた、まれにみる後ろ向きだった人たちが、18年間、1人も辞めることなく、ずっと5人で、その歩みを止めることなくここまでこれたのって、ほんとに奇跡だなって思うんです。

 

新しいNovelの 真っ白なページに

どんな希望を どんな自由を

僕らは書き記してゆくのだろう

Ah 限りない時間(とき)の向こうへ

連れてゆくよ This song for you

 ここ、とある方のツイートでハッとしたんですけど、ここで出てくるの"Novel"なんですよ。キャンパスじゃなくてNovel。Novel=小説って、終わりがあるんですよね。必ず終わる。"最高のFinale"とつながっていのでしょうか。。。そこに書き記していくんです。。。そして限りない時間の向こうへ連れていく。。。5人の目の前は真っ白で、これからどんなことが起こるのかなんてわかんないけど、きっと希望に満ち溢れた未来を書き記していくんでしょう。それと前にFinaleと言っておきながら"限りない時間"とか言っちゃってるんですよ。こういうの、嵐はたまにやりますよね。「PIKA★★NCHI DOUBLE」、「5×10」でもこういう表現があって。わかってるんですよ、永遠がないことなんて。永遠がないとわかっていながら永遠を歌うんです。でも、この5人なら、どこまでもどこまでも、見たことのないような場所まで連れて行ってくれるんじゃないかとまで思ってしまいます。5人の歌声がそう思わせてしまいます。

 

 この曲を聴いて、涙が溢れて。この曲は「ありがとう」と伝えてくる部分がありますけど、いやもう、「ありがとう」て言いたいのはこっちだよ!!!て思いながら泣いていました。今年は翔くんが「生まれ変わっても嵐になる?」「大変じゃない?」の問いに「なると思います」「そうなりたくてなった」て答えてたり、にのもすごいグッとくることを言っていたし、(多分雑誌の発言)(ちょっと思い出せないごめん。)メンバーがすごく嵐を大事にしてるのが伝わってきて。私は、この曲を聴いて、嵐ファンってホントに幸せ者だなって思いました。こんな曲を届けてくれて、感謝を伝えてくれて、素晴らしい未来を夢見させてくれて。お花畑って思われるかもしれないですけど、こんなに幸せでいいのかなって思いました。人によってはそればっかりではないと思いますが、少なくとも、私はすごく幸せです。怖いくらいに。それと同時に少し考え、私は嵐と心中でもさせられるのかとか思いました←。もう心中でも何でもしてやるよ!嵐と心中できるなら本望だよ!(気が狂った)

 

 ここまで散々「最後が~」とか書いてきましたが、嵐はまだまだトップを譲る気なんてないんですよね。まだまだ逃げ続ける気です、あの人たちは。そこがまたたまんないですよ。

 

 これからもこの5人について行こう、そう強く思わせてくれた「Song for you」でした。

 

他担から見た72時間ホンネテレビと新しい地図

 72時間お疲れさまでした。なんだかんだ気になってAbemaTVインストールしてところどころ観てました。

 もしもSMAPのファンの方がこのブログを見ていて不快に思うことがあればごめんなさい。そっとページを閉じてください。これはあくまで他担から見た、というよりも超超個人的な意見です。ご了承ください。

 去年の騒動から解散、3人の退所、新会社設立、新しい地図、一連の件で考えることがあったので今回ブログに書こうと思いました。

  もう一度断っておきます。これはあくまでも人生を20年ちょっとしか生きていない、ジャニーズ、芸能界の歴史をほんのちょっとしか見ていない超ひよっこのいちジャニオタによる超超個人的な意見です。

 ちなみに72時間ホンネテレビ観ていたといっても、ところどころしか観ていなくて、途中全然見れてないところもあります。

 

 Twitterなどを見ていると、新しい地図の動きについて、様々な意見があります。これは当然SMAPファンと他担とでも違うし、SMAPファンの間でも誰のファンかでも違うだろうし、同じ人のファンでも意見が分かれると思います。

 私はSMAPを熱心に追っていたこともないですし特別に思い入れがあるわけではないのですが、3人の動きに対してあまりにも否定的すぎる声を見ると心が痛むんです。

 私は、3人の動きに関して不満というか、モヤモヤしたものがないわけではありません。解散した時も、なんでこうなったたんだろうと思いました。新しい地図ができたときも、ロゴについて(元)後輩グループのことは考えなかったんだろうかとか、今までお世話になった事務所にそんな言い方するのかと思いました。

 否定的な意見もすごくよくわかるんです。自分の好きなアイドルがその事務所に所属して今まさに頑張っているのにまるで自由のない、嘘だらけのひどい事務所みたいに言われたんじゃそりゃ怒ります。嵐ファンなんて特にこれまで両グループを比べられたりありもしないことをこじつけられたりしてたんで、たまったもんじゃないです。

 

 退所してから3人はネットやSNSを始めました。それについて成り下がったという人がいます。これについては、これまでよりも親しく感じる!とするか、トップスターが成り下がった、とするかはそれぞれの価値観によるものなので何とも言えません。でもジャニーズを辞めたとたんSNSを始める、なんてことはざらにあることですし、それで成り下がったというのも…(ただこれらの人はジャニーズ辞めてアイドル辞めてる)アイドルはSNSをやるべきではない、やらなくていいというのも、ジャニーズ以外のアイドルなんていくらでもやっていますし。まあこの3人に関しては今まで孤高のトップスターアイドルだったのが急にSNSでいろんな部分を見せえるようになってしまったというのが余計そう見えるんかもしれません。でも今まであまりにもSNSとは程遠い場所にいた人たちが急に初めて果たして大丈夫だろうかという心配はあります。そんな簡単なもんじゃない。

 72時間の堺正章さんとのトークの中で"アイドル"についての話題がありましたが、それでも香取くんの「僕はアイドルです」という言葉に批判する声もありました。(自分がよく見かける界隈に批判意見が多いのかも)その理由としては、「どんなに裏側でつらいことがあっても、それを表では見せずに夢を見せ続けるのがアイドルだ。自己申告でアイドルになれると思うな(意訳)」というものです。アイドルというものは非常に定義が曖昧で、100人いれば100通りの定義があるようにも思います。堺さんの中のアイドルと香取くんの中のアイドル、視聴者の中のアイドルもおそらくずれていたんだと思います。(このトーク、全体的に吾郎さんの受け答えは大人だなと思いました。)

 ちなみに私は3人の肩を持つつもりではありません。それに、一部のファンの方々の中では中居くんと木村さんがジャニーズを抜けて合流、再結成といった意見もあるようですが、私はそれはないと思います。あくまで外野から見てですが、中居くんと木村さん、辞めていった3人が今同じ方向を向いているとは思えないんです。あまり詳しいことは知りませんが、根本的な考えの違いなのでしょうか。だからこそあのような解散になってしまったんだと思いますし。

 でも、あのような解散になってしまったからこそ、再結成を望まずにいられないファンがいるんでしょうか。メンバー間で問題があったとしても、ちゃんとファンの前で、ちゃんとSMAPを終わらせていれば、こんなややこしいことにはならなかったのかな、て思います。私は。

 

 72時間テレビ、3人がネット、SNSを使って新しいことを始める、ということでしたが、ネットやSNSを使うことが新しいこととして成り立っているのは3人が"元ジャニーズ"というブランドを持っているからです。ほかの芸能人たちはとっくに使っていて、新しくも何でもありません。ジャニーズのブランドを使わずに真に自分たちで新しいことを3人は行っていかなければいけません。本当にそれができるのかは、これからの彼らにかかっていると思います。それと今の彼らがどれほどSMAPのことを意識しているのかは真意はわからないですけど、思わせぶりなことはやめたほうがいいと思います。事態がややこしくなるし、いつまでもSMAPにすがっているように思われかねない。

 72曲メドレーは全部観ました。それなりに(たぶん)歌えてる曲もあったと思いますが、正直、もっと練習したほうが…という場面も少なくなかったです。でも72時間やってきてるんだもんなぁ、疲れてるだろうしなぁ、とも思いましたが、やはり曲によってあまりにも練習不足が目立ったように思います。しかしそれでも、3人が楽しそうに歌う姿はなんだか懐かしいような、ファンの皆さんはこういう姿が見たいんだろうなとも思いました。

 番組、私が見た中ではフフッと笑ってしまう場面や興味深い場面もありました。森くんが出てきたのは驚きました。

 

 先ほどあまりに否定的すぎる声を見ると心が痛むと書きました。批判されるのも無理はないと思います。考えが足りないというか、配慮がないというか。でも、あまりにきつい、攻撃的な声を見るのがつらいんです。そこまで言うかなっていう。その人たちは、知らず知らずのうちにアンチになりかけているんではないかという怖さというか。

 私は、彼らの発言や行動などに関しては肯定しきることはできないですし、ちょっと、うーん、という場面もあります。でも彼らの活動、(ネット、SNSなど)は私たちがどうこう言うことじゃないのかなって。3人と、ついて行くファンの皆さんが望むことならば、それでいいんじゃないかなと思うんです。(身近にSMAPファンの友達がいるから余計にこう思うのかもしれないです。)その活動が気に入るか気に入らないかはその人次第ですが。その一方で、自由になった気になっていろんなものを見失わないでほしいとは思います。(ちらっと見た元光GENJIメンバーの話)

 

 以上、きつい言葉を見すぎていてもたってもいられなくなって私なりに思ったことを書きなぐった次第です。お目汚し失礼しました。

 

 

 

 

 

祝嵐デビュー18周年

 本日11月3日は記念すべき嵐のデビュー日というわけで、おめでとうごさいます!18周年ですね。15周年から3年、20周年まで2年。時の流れは早いです。

 18年というキャリアになっても、キラキラしたアイドルであり続けるあなたたちが、あなたたちのパフォーマンスが大好きです。本当にいつも元気をもらっています。

 いろいろと批判をされたり大変なことも多いと思いますが、変化を恐れず、自分たちの道を突き進んでほしいと思います。

 微力ながら、これからも全力で応援させていただきます!

 

嵐“「untitled」” レビューとも言えないレビュー

 さて、嵐のニューアルバム“「untitled」”が発売されて2週間が経とうとしています。そこで音楽的知識も語彙力のかけらもないただのオタクが無謀にも全曲レビューに挑戦したいと思います!主観が混じると思いますがご了承ください!

 まず率直に、、、最高です!!!(去年も同じこと思ってた人)今年も最高のアルバムありがとうごさいます!!!

 内容の特徴としては、まず近年毎回入っていたソロ曲がないこと。そして通常盤Disk2にユニット曲が入っていることですね。これに関しては発売前から一部で賛否両論がありましたが、私は好きです。ユニットバンザイ。

ここからは1曲ずつの感想を。

 

Disk1 

1.Green Light

アルバム1曲目。デジタル感と疾走感のあるカッコいい曲。曲自体もカッコいいですが、歌詞もなかなか攻撃的。"Catch me if you can"、"このてっぺん まだまだI'm the owner"、トップを譲る気はないという気概を感じます。"見据えるよ New target"、"狙い撃ちさ New target"、嵐は次を、その先を見据えている。シビレル。

2.つなぐ

シングル曲。大野智主演映画「忍びの国」主題歌。和の印象が強いが、ギターやベースといった楽器、様々なジャンルの要素が入った非常に凝った曲。映画のエンディングで聴いた時もよかったなぁ。。。

3.「未完」

今回のアルバムリード曲。Mステで観たやつはワンハーフだと思っていましたけどあれフルでした。短いんですね。“和”、“DIGITAL”、“クラシック”、“HIPHOP”といった様々なジャンルの音楽を見事に1曲にまとめた曲。"Never change my mind~"からサビ前までが和の部分なんですけど、私最初気づかなかったんですよね。自然すぎて。でも結構ガッツリ和なんですよ。ラップは"僕らが拓いていく時代"、"なんてあの頃はいきがり"、"いま、夢の先の未来"、"時代の流れに飲まれない"、"自分で自分を育てたいならただただひたすらもがけファイト"、、、震える。こういうの好きすぎるんですよ。。。野心むき出しのラップにひれ伏す系オタクなので。はい。なんかもう、これでこそ櫻井翔!て感じです。はい。あの頃はいきがりだった、そしていま夢の先の未来にいる、と。"目の前は誰もいない"というのはいま自分たちがトップに立つことを指すのか、それとも進む道を案内してくれる人はいないことを指すのか、その両方か。いずれにしても、進む道は自ら作っていかなければいけない、と。長々書きましたが一つ言えることは、嵐は強い

4.Sugar

リズム感が好きな曲です。ソロパートやファルセットが多用されている印象。歌詞の内容はというと、2番に"手に光る指輪"とあったりと、不倫ソングなんでしょうか。作詞のHIKARIさんはV6さんなどにも提供しているそう。「お気に召すまま」が好きな人はこの曲好きな人多いんではないでしょうか。私も大好きです。今まであまり聴かなかったメンバーの歌い方が楽しめます。

5.Power of the Paradise

シングル曲。日テレリオ五輪のテーマソングです。ラテンのリズムを取り入れながらもスタイリッシュな仕上がりになっています。

6.ありのままで

ここまでスピード感をもって突っ走ってきましたがここで一息といった感じでしょうか。全体的にピースフルな空気感が漂っており、人生うまくいくことばかりじゃないけど前を向いていこうよ、七転び八起き、といった非常に嵐らしいメッセージ。

7.風雲

ロックな疾走感があり、ギターの印象が強く残ります。"やるときゃやるさ見せてやるぜ"、"何人でもOK 相手になってやるさ"、ガツガツした「やってやるぜ」感があります。「オーライ‼」を思い出した人は私だけじゃないはずです。私はそれに加え「何度だって」も思い出しました。

8.I'll be there

シングル曲。相葉雅紀主演月9ドラマ「貴族探偵」主題歌。ジャジーで大人なイメージの曲です。この曲の高貴な雰囲気がドラマと見事にマッチしていました。そして初披露のFNSでの衝撃です。死にました。すごく好きです。

9.抱擁

個人的に推している曲です。「Sugar」とともに推しています。曲の心地よさに油断してると歌詞の色っぽさにやられます。「Sugar」にも言えることですが、楽曲的には初期の嵐にもありそうですが、歌い方と内容が格段に大人になっています。嵐の成長を感じます。

10.Pray

ストレートなJポップ、といった印象です。音楽的に何か凝っているわけではなさそうですが、嵐の歌声を聴かせたい曲だと思います。冬の失恋ソングです。こういうストレートなバラードは逆に最近少なかったのでは。

11.光

ゴスペルっぽく始まります。聞くと何となく前向きになれそうな曲です。この曲に入っているラップ、結構ラップっぽい歌い方をしていると思うのですが、それがこの曲の中に入ってちゃんとなじんでいるのが何気にすごいと思います。

12.彼方へ

キラキラしてさわやか。こういう曲だけが嵐らしいと言わけでは決してないですが、この手の曲を歌わせて嵐の右に出る者はいないと思っています。"今日の陽が昇るまで 音楽がコトバ以上 真心(こころ)伝うこと 幾度となく見てきた"、この歌詞がすごく好きなんですよね。なんか、ほんとそうだなって。コンサート終盤で歌う姿が目に浮かびます(全然違うかも)。この曲なんか泣きそうになります。終盤の連続ソロパート、いろんな意味でジーンとします。曲に圧倒されるのもそうだし、5人でこういうパートを歌ってることもそうだし。素晴らしい。

13.Song for you

今回のアルバムの目玉の一つ、11分に及ぶ組曲。嵐の過去・現在・未来を感じれるとありましたが、まさにその通りです。こんなにも嵐の歴史を、未来を感じれるとは思っていなかったです。私この曲で泣いたんですよ。曲を聴いて泣いたのは生まれて初めてです。この曲、嵐担の皆さんはどの歌詞が何を指しているのかすぐにわかったことでしょう。大野さんの美しいソロパートから始まります。ありがとうと伝えてきてくれてます。そして"Get Started"で物語の幕開け。まずにのあいパート、ここではハワイのデビュー会見が描かれています。"聞き慣れないネーミング"、"突然乗り込んだCruiser"。“嵐”という当時違和感しかなかった名前を付けられ、ハワイの海の上でクルーザーに乗ってデビュー会見を行った5人。「5×10」でも"揺れる船"という単語が出てきましたが、嵐に船とかクルーザーとか歌わせたらいかん。泣く。次に翔潤パート。国立10周年ライブの風景ですね。"見上げる無数のバルーンが 都会の夜空を翔けてゆく"東京のど真ん中、国立競技場から無数の風船が放たれる景色が浮かびます。その次はハワイ15周年ライブ。"そして、もう一度 降り立ったこの楽園(しま)で"ハワイライブ冒頭、ヘリに乗って会場に降り立った姿がよみがえります。"振り返れば~"からのパートでは、今までの歴史が走馬灯のようによみがえりました。だんだん目頭が熱く。。。"大海原に Ah描いた夢を"この大海原ってハワイの海だと思うんです。"笑って"、、、泣。その後、冒頭の大野ソロパートと似た歌詞を5人で歌います。違うのは"歩いてゆこう"と未来を向いていること。非常に感動的です。"新しいNovelの 真っ白なページに"からの部分では、私もう号泣してます。"連れてゆくよ This song for you"、、、、、、連れてって!!!泣泣泣、、、、、、長々と失礼しました。この曲に関してはこの1曲だけで1つ記事が書けそうです。。。。

Disk2(ユニット曲・ボーナストラック)

1.バズリNIGHT Vocal:相葉・大野・櫻井

Disk1から順番に聴いていったんですが、Song for youの後に聴いたらいろいろ混乱しましたよ。なんじゃこれは。なかなか狂ってます(ほめてる)。作詞の多田慎也さんは「Still...」や「マイガール」などを提供してくださった方。この8年で何が、、、。にん にん、御意 御意、赤巻紙 青巻紙 黄巻紙 バズリNIGHT!、、、、、、はぁ!?!?私CD買って一発目は必ずCDをプレーヤーにかけて聴くというこだわりがあるんですが、スピーカーガン見しましたよ混乱しすぎて。ええ。今でも聴くとニヤニヤします。

2.夜の影 Vocal:松本・二宮・大野

3人の様々な歌い方が堪能できます。複雑なリズムに乗せてテクニカルな歌い方ではめられているのがすごいです。ハモリも多用されてこれがまた素晴らしい。こんな歌い方出来たの!?て場面がいくつもありました。歌詞の内容もかなり色っぽい。"あと少しそばで…"のハモリは圧巻です。

3.UB Vocal:相葉・二宮

尊いなんかそれしか言えなくなる。にのあい尊い。発売前には様々なUB大喜利が繰り広げられていましたね。ユニットバスか!?とかも言われていましたがあながち間違っていなかったという。にのあいをユニットバスに例えた曲なのか、そう見せかけてただのユニットバスの擬人化ソングなのか、今のところ真相はわからないですが。それでもにのあいがユニットバスと重なってしまいます。大サビ直前には1オクターブのハモリがあります。歌詞、メロディー、歌割、ハモリ、もうすべてが尊い。ああ、、、にのあい尊い。。。

4.Come Back Vocal:松本・櫻井

震える。なんといってもラップです。この2人でこのラップやってるのがもう、もう、、、(震)過去のリリックを掘り起こしつつ更新していくラップにひれ伏す系オタクなので。"左の方[ho!] 右の方[ho!]"は「Raise Your Hands」を思わせますし、"嵐 探し Shout  out しっぱなし"は「La tormenta」(一番最初のやつ)からの引用でしょう。"そんな思い叫ぶ My life"はどことなく「Hip Pop Boogie」を彷彿とさせます。「あー俺いこうか」「あ、じゃあお願い」のやり取りもたまんないですね!結局何が言いたいかと言いますと、死にました。

5.カンパイ・ソング(ボーナストラック)

コンサートが楽しそうです(外れた人)。セリフ「(相葉)じゃあビールの人~?」「はーい!」くっそかわいい。「発酵!発行!」「血行促進!」独特なコールが楽しいですね。あーーーコンサート行きたい!連続セリフ部分もかわいいですね。大宮だけ帰りたそうなのがなんとも。この曲は相葉ちゃん発信だったそうで。最近のソロ曲然り、去年の「青春ブギ」然り、相葉ちゃんはみんなで楽しいことがやりたいんだなって思いました。相葉ちゃんのそういう部分ってブレないなぁ。この挑戦的なアルバムの最後の最後がこの曲なのが、なんとも嵐らしいです。

 

 アルバム全体を通して、まず感じたことは嵐の歌唱力の向上です。ハモリが多用される曲もありますし、ユニゾンにも深みが出ているように感じます。また今までだったらほとんど大野さんに頼りきっていたであろうパートをほかの4人もやるようになっています。さらに「Sugar」や「夜の影」に顕著ですが、こんな歌い方出来たの!?て箇所が多々あります。それと、曲タイトルを見たときに、日本語タイトルが目立つなと思いました。でも曲を聴いた印象は洋風というか、英語タイトルが使われそうな感じがします。メイキングを見ると「夜の影」は最初「シルエット」だったそうな。そこらへんもあえて狙っているのでしょうか。

 嵐は今年18年目に突入します。翔くんは20周年に向けて18年目、19年目は挑戦したいと、幅を広げたい(意訳)と言っていました。20周年に向けて、これから嵐はどんな景色を見せてくれるのでしょうか。

 改めてまとめると、、、、、、、今年のアルバムも最高です!!!!!

 

 

 

 

 

Mステの嵐(感想)

 今更ですがMステの感想を。(遅すぎるわ)(もう一週間たつよ)(アルバム出たよ)

 21世紀CD売り上げ男性部門1位になった嵐。おめでとうございます!それが発表された途端、みんな見事にきょとん顔なワイプの嵐。(かわいい)

 その後のコメントで、「買ってくださった皆様ありがとうございます。」ていう相葉くんは本当にアイドルだな。。。そのあと続けてありがとうございますと頭を下げる嵐。謙虚。

今回披露する「未完」について、

 相葉「いろんなジャンルの音楽が混ざってて、まとまりのない曲です!」←言い方!

 櫻井「自分で書いたラップ詞が全然出てこないんですよ。」

 大野「松潤の背中の上をですね転がる振り付けみたいなのがあるんですよ。あれが果たしてできるかどうか。」

いやいや、頑張ってくださいよ!大丈夫!あなたたちならできる!(←誰)

 そしていよいよ曲披露ですが、まぁーーーーーーーかっこよかったですね!!!私はテレビの前で死んでました。なんかもうかっこよすぎて泣きそうだった。
  • Song for you過去の振り付けが少しずつはいってるような
  • 大野美声スタート
  • 「未完」ダンスキレキレ
  • にのみ色気。油断してると来る。毎回やられてる
  • 松潤の背中の上を転がる。これか!よかったね!できたね!(過保護)
  • ダンスかっこいい
  • “見つめて Can you see?”の潤くん
  • クラシック調になるところのダンス、色っぽい。
  • “I'm running in the light now”の翔くんよき
  • 相葉雅紀のオス感
  • 翔くんの目力
  • まさかの別世界に行く翔くん
  • ラップ、あーーーーーーーーー好き!!!(語彙力)
  • でもちょっと間違ったね。
  • ひたすらもがいてきたからこそ言えるんだろうなー(好き)
  • にのみ蹴りつけフェイク
  • “見つめて Can you see?”の翔くんの首筋←
  • クライマックスを盛り上がる大野フェイク

 パフォーマンス前まであんなゆるっとしてたのに!ほんとに同じ人たちですか!!!!そして曲終わった後の大野さん、

 (´・∀・`)「やっぱあの、一番最初は緊張しますね。最初がいい。」

、、、さっきまでの人たちはどこに。。。いや、ギャップが過ぎますぞ!!!まあそんなところも嵐だなぁと思います。

 Sexy Zoneもよかったですねぇー。なんか今までのセクゾとは違った雰囲気で新鮮です。私最近のSexy Zoneの空気というか雰囲気がすごく好きなんですよね。なんか、いい空気感になってきたなって。個人的にですけど、複数のジャニーズグループがMステで共演するときの衣装や曲の雰囲気の違いを観るのが好きだったりするんですよね。今回はセクゾが白、嵐が黒という対比がよき。

 総じて言いたいことは最高だということです。

 

 

嵐ファンのあわただしい数日

 嵐ファンの皆さん、生きてますか!?ここしばらく、MステウルトラFESのカッコよすぎて可愛すぎる嵐に沸き、「未完」の音源解禁に沸き、ツアーの当落でざわざわし、その次の日にはニューシングルの発売決定に沸くという、感情が乱されまくった数日を過ごしたことでしょう。

 ウルトラFESのことを書きたい気持ちはやまやまだったんですが、大学が始まり結局かけずじまいです。いやぁー、よかったですね~。。。去年はアウェーのなか(他G担の方多かったらしい)見せつけたかっこよすぎる嵐。今年は大人かっこよさを増したMonster、たのしいかわいいファイトソングにGUTS!。なんかもう、たのしい!かわいい!嵐たのしい!てなりましたよね。。。翔くんの「お手をはいしゃーーーく!!!」聴けて感無量です。。。ほかのジャニーズの方々もすごくよかった。。。(タキツバのステージ、すごいぐっときた…)

 ドームツアーですが、私外れました。。。行かれる方は楽しんできてください。。。まあ私実は去年のアリーナツアー当てちゃってる人なんですよね。。。そりゃ当たんないよな。。。はぁ…

 そんなわけで、まんまと嵐に振り回されている今日この頃です。